派遣の受付の残業事情

受付に強い派遣会社TOP >> 派遣の受付の基礎 >> 派遣の受付の残業事情

派遣の受付の残業事情

通常派遣の受付業務であっても、残業を求められることはほとんどありません。会社では夜遅くまで人が働いている場合でも、来客は一定の時間にあるのが普通なので、勤務時間以外に来訪者がある場合はほとんどないのです。打ち合わせやプレゼンなど社内で行われることも昼間の時間に行われることがほとんどなので、残業になることはありません。また、会社の時間外の時間の来客がある場合でも出迎える担当者との間ですでに時間の取り決め、落ち合う場所が決めてあることがほとんどなので、受付が対応しなければならないということは少ないでしょう。

代表電話を受ける場合も、時間外になると代表電話に自動的につながらないようなシステムになっていることがほとんどなのであなたが残って対応しなければならないということはほとんどありません。業務終了前にかかってきた電話が長引いてしまった場合は、業務時間を過ぎても対応をしなければならないこともありますが、頻繁に起こることでもありませんし、時給制なので残業時間分もきっちり支給されます。

ただ、繁忙期は大企業であれば一日に千人近くの来訪者がある場合もあります。受付として任されている業務がお客様の対応だけなら、忙しい時間帯に目が回るほどの忙しさに追われるという程度で済みますが、会議室の予約など他の業務も兼任して任されている場合、残業をして対応しなければならないこともあります。特に会議室の予約・変更に関しては担当者が急いでいることがほとんどですから、その日中に片づけなければならないことが多く、残業となってしまう可能性が高くなります。中小企業では受付業務以外にも仕事を任されていることが多いので、その仕事の進捗状況により残業になることもあります。

また、重役やVIPの来訪がある場合、会社全体を挙げての対応になり、あわただしさが増すことがあります。秘書だけでの対応ができない場合、アテンドを任されて残業となってしまうケースもごく稀ですがあります。そういったケースは月に何度もあるわけではなく、年に数回で、事前にわかっていますが、そういった場合は残業をすることになります。休日出勤は派遣の受付の仕事にはほとんどありません。イレギュラーなケースと考えておいていいでしょう。

その他、残業を考えられるケースとしては同僚が休んでしまったり、急遽早退したりなどした場合です。勤務時間がローテーションで決まっている場合は、あなたが同僚の勤務時間をカバーするように依頼されることもあるかもしれません。

受付の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 受付に強い派遣会社ランキング All Rights Reserved.